ニュース・トピックス

【活動報告を掲載】知の拠点あいち重点研究プロジェクト「日本初の自動運転モビリティによるサービス実用化に向けた技術研究開発(研究リーダー:二宮芳樹特任教授)」において、自動運転モビリティによるサービスの実証実験を行います!

二宮芳樹特任教授(モビリティサービス研究部門)が研究リーダーを務める産学行政連携の研究開発プロジェクト「知の拠点あいち重点研究プロジェクトⅢ期」の「近未来自動車技術開発プロジェクト:日本初の自動運転モビリティによるサービス実用化に向けた技術研究開発」では、名古屋大学、アイサンテクノロジー株式会社、株式会社ティアフォー、KDDI株式会社、損害保険ジャパン株式会社、岡谷鋼機株式会社、株式会社建設技術研究所の研究グループが、先進的自動運転技術を基盤とする事業化レベルのMaaS全体システムの構築と、必要となる要素技術の実用レベルへの機能向上、及び信頼性向上を目指し研究開発を行っています。

2021年度は、プロジェクトの最終年度であり、愛・地球博記念公園「モリコロパーク」(愛知県長久手市)において、各開発ターゲットの研究成果を集約した総合フィールド試験を実施しています。11月25日(木)から27日(土)に実施する一般向けの試乗会では、プロジェクトの達成状況を確認するとともに、一般ユーザーからの評価も確認し、今後の研究開発の指針とします。

プロジェクトの成果、及び一般の方向けの自動運転試乗会については、こちら
名古屋大学 プレスリリース

試乗会の内容は、メ~テレとCBCテレビの取材を受け、2021年11月25日(木)放送のニュース番組で紹介されました。各社のYouTube公式チャンネルで視聴できますので、ぜひご覧ください。

2021年11月25日(木)放送 メ~テレ『アップ!』より



2021年11月25日(木)放送 CBCテレビ『チャント!』より



アイサンテクノロジー株式会社 活動報告


参考:
知の拠点あいち 重点研究プロジェクト 近未来自動車技術開発プロジェクト
研究テーマ 日本初の自動運転モビリティによるサービス実用化に向けた技術研究開発 ~愛知県発Level4自動運転サービス実用化~


  • 名古屋大学 学術研究・産学官連携推進本部
  • 名古屋大学 未来社会創造機構 オープンイノベーション推進室
  • 名古屋大学 未来社会想像機構 INSTITUTES OF INNOVATION FOR FUTURE SOCIETY
  • 名古屋大学