GREMOニュース

(終了)1/29(月)車載組込みシステムフォーラム2018/第29回次世代自動車公開シンポジウム

車載組込みシステムフォーラム(ASIF:Automotive Embedded System Industry Forum)は、東海地区の車載組込みソフトウェア産業を発展させることを目的として、2008年4月1日に設立され、今年で10年を迎えます。 勉強会、スキルアップセミナー、応用技術セミナーなど、人材や企業の育成のための活動を実施しています。 今般、広く組込みシステムに関連する方々を対象として、車載組込みシステム技術に関する最新動向などの情報共有と、関係企業等の交流を目的とて、10周年記念事業のフォーラムを開催します。また、名古屋大学未来社会創造機構モビリティ領域第29回次世代自動車公開シンポジウムを合わせて開催いたします。

日時

2018年1月29日(月) 10:15~16:30

場所

ナディアパーク デザインセンタービル3F デザインセンターホール
http://www.nipc.or.jp/designhall/index.html

・アクセス
http://www.nadyapark.jp/traffic/index.html

主催

車載組込みシステムフォーラム(ASIF)

共催

名古屋大学未来社会創造機構モビリティ領域 

後援

一般社団法人組込みシステム技術協会 中部支部(予定)
組込みシステム産業振興機構(予定)
NPO法人TOPPERSプロジェクト(予定)
公益社団法人自動車技術会

参加費

ASIF会員: 0円(但し、交流会は会費5,000円)
後援団体会員:2,500円(但し、交流会は会費5,000円)
非会員: 5,000円(但し、交流会は会費5,000円)

次第

10:15-10:55ASIF活動紹介
「車載組込みシステム開発の現状とASIFの活動」
高田  広章
(車載組込みシステムフォーラム会長
名古屋大学大学院情報科学研究科附属
組込みシステム研究センター長 教授)
11:00-12:00招待講演
「自動運転と社会イノベーション」
清水 和夫  氏
(国際自動車ジャーナリスト)
13:05-14:05基調講演 Ⅰ 
「自動車産業の今後の展望(仮題)」
河野 太志  氏
(経済産業省 製造産業局 自動車課長)
14:10-15:10基調講演 Ⅱ
「自動運転の動向とモデルベース開発」
奥地 弘章  氏
(トヨタ自動車株式会社 常務役員)
15:30-16:30ASIF10周年事業 実証実験報告
「愛知県自動運転実証実験の概要と
自動運転用高精度三次元地図について」
佐藤直人氏  氏
(アイサンテクノロッジー株式会社 取締役MMS事業本部本部長)

申込み方法

こちらの参加申込みフォームに必要事項を記入の上、お申し込みください。

【連絡先:申込締切日:2018年1月22日(月)】


  ※座席の都合上、必ず事前にお申し込みください。
  ※定員(500名)になり次第締め切ります。
  ※申込締切日以降のお申込みは、直接当日受付までお越しください。
  ※申込後にキャンセルされる場合は、その旨、事務局までご連絡お願い致します。

開催後アンケート

こちらのアンケートフォームからご回答願います。
今後のイベント企画や、活動の改善に役立てたいと考えておりますので、
お手数ですが皆様ぜひともご協力をお願い申し上げます。

お問い合わせ先

車載組込みシステムフォーラム(ASIF)事務局
  公益財団法人中部科学技術センター イノベーション創出支援室  中島、伊藤
  TEL:052-231-6723   FAX:052-204-1469
  E-mail:monodukuri[あっと]cstc.or.jp
[あっと]を@に変更し、お問い合わせください。

名古屋大学 未来社会創造機構 モビリティ領域 事務局
※下記お問い合わせページを参照ください。
 お問い合わせ

PDF版案内


ファイルを開く