GREMOニュース

(終了)車載組込みシステムフォーラム2017/第27回次世代自動車公開シンポジウム

車載組込みシステムフォーラム(ASIF:Automotive Embedded System Industry Forum)は、東海地区の車載組込みソフトウェア産業を発展させることを目的として、2008年4月1日に設立されました。
勉強会、スキルアップセミナー、応用技術セミナーなど、人材や企業の育成のための活動を実施しています。 今般、広く組込みシステムに関連する方々を対象として、車載組込みシステム技術に関する最新動向などの情報共有と、関係企業等の交流を目的としたフォーラムを開催します。

日時

2017年1月31日(火)10:00~16:30

場所

名古屋国際会場 レセプションホール
(名古屋市熱田区熱田西町1番1号)

・会場までのアクセス
http://www.nagoya-congress-center.jp/access/index.html

主催

車載組込みシステムフォーラム(ASIF) 

共催

名古屋大学未来社会創造機構モビリティ領域

後援

一般社団法人 組込みシステム技術協会 中部支部
組込みシステム産業振興機構
NPO法人TOPPERSプロジェクト
公益社団法人 自動車技術会

定員・参加費

定員 400名

ASIF会員・名古屋大学未来社会創造機構モビリティ領域関係者
無料(ただし、交流会は参加費:5,000円)

後援団体会員2,500円(ただし、交流会は参加費:別途5,000円)
※自動車技術会の会員は当日会員証を受付でご提示ください。

非会員5,000円(交流会は参加費:別途5,000円)
※参加費有料の方は当日受付で現金でお支払いください。

次第

10:00-10:40ASIF活動紹介
「車載組込みシステム開発の現状とASIFの活動」
概要:車載組込みシステム業界における開発の現状に関する話題提供とASIFの活動状況紹介。
車載組込みシステムフォーラム会長
名古屋大学大学院 情報科学研究科付属組込みシステム研究センター長 教授
高田 広章 氏
10:45-11:45基調講演
「ものづくり技術を高めるソフトウェア開発」
概要:講演者が長年携わってきた自動車・自動車部品開発の経験から、日本の製造業の強みであるものづくり技術を高めるソフトウェア開発について展望する。
アイシン・コムクルーズ株式会社 取締役社長  
加藤 喜昭 氏
13:05-14:05専門セミナー1
「人工知能技術開発への取り組み」
概要:Human-in-the-loopシステムにおいて、人工知能技術の深化が期待されており、自動車の組込みシステムもその重要性が高まっている。Deep Learning を活用し、車載のセンサー情報により知能化される機能についていくつかの事例を報告する。
三菱電機株式会社 情報技術総合研究所 知能情報処理技術部長  
三嶋 英俊 氏
14:10-15:10専門セミナー2
「Yahoo!カーナビの紹介と今後の方向性について」
概要:Yahoo!カーナビは2014/7にスマートフォンのアプリとしてリリースし、お陰様で累計1,000万DLに届くまでのサービスとなりました。サービスの特長とこれまでの機能の充実、安心・安全への取り組みを紹介するとともに、プローブの活用や今後のビジネス事業としての取り組みと展望を紹介します。
ヤフー株式会社 メディアカンパニー 生活メディア事業本部  
廣瀬 典和 氏
15:30-16:30招待講演
「ステレオカメラによる自動車・移動ロボットの衝突回避システム」
概要:自動車を始め、AGVやドローンなどの自律移動体における自動回避技術は益々重要さを増している。本講演においては、その要となる立体物認識技術について、要求される性能に照らしてステレオカメラが優位であることを示す。原理などもわかりやすく説明し、ステレオカメラに馴染みのない方でも理解していただけるように努める。
東京工業大学 放射線総合センター 准教授  
実吉 敬二 氏
17:00-19:00交流会
会場:パステル(名古屋国際会議場 7F) 定員:100名

申込方法

こちらの参加申込みフォームに必要事項を記入の上、お申し込みください。
聴講希望の方は事前登録が必要です。
定員数になり次第、受付を締め切らせていただきますので予めご了承下さい。

申込締切日:2017年1月24日(火)

開催後アンケート

こちらのアンケートフォームからご回答願います。

お問い合わせ先

車載組込みシステムフォーラム(ASIF)事務局
公益財団法人中部科学技術センター イノベーション創出支援室 斉藤、後藤
TEL:052-231-6723 FAX:052-204-1469
E-mail:monodukuri[あっと]cstc.or.jp
※[あっと]を@に変更し、お問合せください。

名古屋大学 未来社会創造機構 モビリティ領域 事務局
※下記お問い合わせページを参照ください。
お問い合わせ

PDF版案内


ファイルを開く